打ち合わせ時の注意 | ITというシステムを利用して情報管理、製造業向けERPの大きな魅力

打ち合わせ時の注意

理想像を固める

製造業向けERPを導入する時は、現在の状態と目指したい理想像の差を埋める為にはどうしたらいいのかを決める事が大事です。
将来、自社の規模を大きくしたいという事は、多くの企業が思っている事でしょう。
その為に必要な事を、製造業向けERP導入で実現するのです。
製造業向けERPのようなシステムを導入する事は安い買い物ではありません。
長い目でみて将来の上昇を考えると、安くなる事もありますが、導入時には数百万円という価格がつきます。
失敗しない為にも、打ち合わせを綿密に行ないましょう。

抱えているデータ数

システムは、処理するデータの規模によっても内容が変わります。
現在、自社が抱えているデータ数と、将来ここまで変化すると見込まれているデータ数を伝える必要があります。
データ数を保持する為には、システムの容量が、その数を収められる容量である事が必須なのです。
そうする事によって、システムのプログラム作成時に、容量のサイズ、ベースとなるものの選別を楽に決める事が可能になるのです。
このデータ数を伝える為、打ち合わせ時に現在の伝票や帳簿があると役立つでしょう。

内容をしっかりと

製造業向けERPなどのシステムは、情報が多すぎて理解できないところも多々あるでしょう。
どういったもので、どういった機能を備える事が出来るのかという事を、製造業向けERPを開発している会社は、きちんと打ち合わせ時にドキュメントを用いて説明する必要があります。
話をするだけよりも、分かりやすい映像としっかりとした説明文でまとめられたドキュメントは、誰でも理解がしやすいように作られています。
打ち合わせ時に、分からないところをそのままにしておかず、きちんと理解が出来るように進めていきましょう。

予算の調整

自社に製造業向けERPを導入する為には、事前に予算を決めておきましょう。
予算をしっかりと決めておく事で、大きな費用が掛かる事を防ぐ事が出来ます。
このようなシステムは、多大なプログラム開発を経て完成されたものなので、価格が高いという面も持っています。
しかし、こだわるところとそうでないところをバランス良くする事で、予算内に必要なシステムを自社に導入する事が出来るでしょう。
場合によっては、導入した製造業向けERPのプログラム作成を、数年ごとに構築するという事を前提的にし、初期費用を抑えるという方法も選択可能です。